刀剣乱舞―異去についてと宝物についての雑記

いい加減刀剣乱舞の個人的な攻略とかも書かないとなーと思いつつも
他のサイトで解決する事が多そうなので放置していたけど
ちょうどいいものができたのでこれで日記を書いてみる、と言ってかなり時間が経ってしまった。
ちょうどまた断片2倍が来たので書いてみる。

 

現在2面まで実装された異去。
色々と書いてたら纏まらなくなってきたので簡単に。

 

池田屋の記憶をクリアしたばかりで極も少ないけどどうすればいいか
毎日の無料回復分の3回だけはちゃんと消化しよう。
できれば異去1-2、維新の記憶-会津を回りたい(獅子螺鈿鞍チャンスがあるので)
極レベル35くらいの極や、初(特)の刀剣では3スロットの太刀や大太刀などで固めれば無難に勝てるはず。
極の場合は銃兵・弓兵・投石兵といった遠戦刀装、特の刀剣は盾兵や軽騎兵といった統率の上がる兵数の多い刀装で。
経験値も高く、太刀・大太刀は修行前にこうして経験値をためておくことで修行して低レベルの極の際の攻撃力や機動力の低下を防ぐことができる。

・戦力はあるけどどこを回ればいいかわからない
とりあえず異去1-4、維新の記憶-鳥羽を回りたい(間違って江戸の記憶-鳥羽を回らないように注意)
4面のボス逸れマスでは中レアの断片が、4面のボスマスでは高レアの断片たちがまれに手に入る。
高レアの曜変天目、中レアの獅子螺鈿鞍といい宝物が揃っていて他の中レアである具足も重ねるの前提だけど悪くない性能をしている。
つまるところボスから逸れても逸れなくてもいいものが手に入る可能性がある唯一のマップなので精神的な安定性が違うので迷ったらここを回そう。

 

@宝物について
異去・維新の記憶の場合、通常マスでは低レアの断片が、2面と3面のボスマス、4面のボス逸れマスでは中レアの断片が、4面のボスマスでは高レアの断片がまれに手に入る。
この断片の確率は高く見積もって5%(通常時)くらいと言われてるので気長に集めよう。
そしてこの断片を同じ名前のものを低レアなら3つ、中レアなら6つ、高レアなら9つ集めれば宝物を作成できる。
同じ断片を集めるには中レア以上となるとけっこうな周回が必要となる。
中レアの獅子螺鈿鞍1つ、つまり断片6個の入手に2面の周回でも150~250周くらいはする事となる。
これを全部小判で払うと1周500枚なので平均して10万は軽く飛ぶ。
なので、断片2倍のチャンスは逃さずにいきたいところ。

次の時代である異去・江戸の記憶はまた異なり、
通常マスでは低レアの断片、終点のハズレマスでは中レアと低レアの断片、
ボスマスでは低レア・中レア、3面と4面では高レアの断片が出る。
出る。と書いてあるけどハズレマスで断片出ることは期待しない方がいい(出ないわけではないが……)
あとボスマスで断片入手のメッセージが出てやったーとおもったら低レアの断片入手する事もあり周回ストレスが上がる。
代わりに断片のドロップ率は維新の記憶より上昇しているようだ。

なお宝物を入手するには断片結合剤というものが必要で、これが1個小判8000枚もかかる。
宝物は習合をすることによって性能が上がるが、現在のMAXであるLV5まであげるには単純計算で小判40000枚になる。
小判に余裕があるならいいけどあんまり余裕がない場合は作る宝物、重ねる宝物を厳選する必要がある。
ということでおすすめな宝物をあげていく。

  • 獅子螺鈿鞍[中レア](1-2ボスマス、1-4ハズレマス)

基礎ステータス:統率5機動6偵察1必殺1
最大強化時ステ:統率11機動15偵察2必殺2

 

他でも言われてると思うけどとにかくこれが最優先。
現在の刀剣乱舞は機動ゲーであり機動があれば快適になったりレベリングがしやすくなったりする。
そして機動を上げることは極短刀だろうが遅い刀種だろうがとにかく役立つ。
つまり推しの刀種やどういう編成で回るか、遊び方の違いなどそれぞれ人によって違う中でもだいたいどの場合もあれば便利なことが多い。
ということでこれはとにかく最優先で確保しよう。
そういうアイテムは入手がめんどくさかったりするゲームもあったりするが、この獅子螺鈿鞍は
初心者でも1-2で集められる、中レアなので高レアより断片が少なくていいなど、
集めやすいほうに入るのも魅力。

基礎ステータス:打撃3統率10機動1衝力4偵察1必殺1
最大強化時ステ:打撃11統率25機動9衝力7偵察4隠蔽2必殺2


異去の目玉的な宝物。
統率を上げることで極が主戦力になる場所でも特の刀剣を連れていくとかしやすくなるなどで役立つけど
統率だけでなく打撃とかも上がるのが優秀で、習合すれば更に色々上がる。

基礎ステータス:打撃7統率1機動1衝力2偵察2隠蔽2必殺4
最大強化時ステ:打撃23統率4機動4衝力4偵察4隠蔽7必殺11


異去2ステージ目、江戸の記憶の目玉。
とにかく打撃が上がる。ただ刀剣乱舞はよくある戦闘ゲームと違って
打撃が上がる事での変化がわかりにくかったりするのでその辺解説してる人が必要だったりする。

  • 鍔・赤銅地勝虫図[低レア](2ステージ全般)

基礎ステータス:打撃3衝力1必殺2
最大強化時ステ:打撃8衝力5必殺6


異去2ステージ目、江戸の記憶の隠れた優秀な宝物。
低レアなのに1個重ねて乱舞2にした時点で打撃6になって最終的に8まであがる。
なお乱舞4の時点でほぼ完成形であり無理に乱舞マックスにする意義は薄め。
初心者におススメな宝物だが2ステージに行くには1-4を周回できる実力が必要という微妙なちぐはぐさがある。

  • 鍔・月下梅樹透図[低レア](1-1、1-4通常)

基礎ステータス:打撃・統率・機動・衝力・偵察2

 

チュートリアルで最初に手に入る宝物。
馬の祝一号シリーズみたいな性能を持ち、地味に見えるがなかなか使える。
一方で習合した時の効果はあまり重要なものがまとめて上がらない。
1-4で落ちるので、周回したけど獅子螺鈿鞍や曜変天目が集まらない……という時に
小判が余ってたら作ってみんなに乗せるのはいいかもしれない。

  • 鍔・双鶴図[低レア](1-1、1-2、1-3通常)

基礎ステータス:統率5機動3
最大強化時ステ:統率9機動6衝力1

 

統率と機動がけっこうあがる宝物。
重要なステータスがあがる宝物で、低レアなのでお勧め。
ただ、主流である4面では落ちないので、獅子螺鈿鞍などを集中狙いする場合や
4面が厳しい初心者が主な入手する人になるはず。